柏村文路 日本画

Fumiji Kashiwamura Japanese Painting







Cat Gallery News Gallery Blog Link Profile
 
 

  Blog


2018年10月28日(日) 晴れ


雨の多い舞鶴ですが、素晴らしい秋晴れに恵まれました。
細川忠興公ゆかりの大泉寺で、新観音堂の落慶式が行われました。
そして、今日は父の命日でもあります。

何気なくいつもお参りしていた大泉寺が、実は細川ガラシャ婦人の位牌をお守りするお寺だったとは知りませんでした。
良い講和も聞かせていただきました。自分の周りのあらゆる事が「縁」であることは、度々自分に言い聞かせないと 忘れるものです。気づかせてもらえる機会は必要だと思いました。



2018年10月19日(金) 晴れ


西宮芸術文化協会作家の近作展に出品しています。
今年から、会員に推薦していただき、入会いたしました。
会期が10/19〜11/3と、長く飾っていただけるので、嬉しいです。

私は120号の作品を出品しました。
日本画の他、洋画、デザイン、書道、写真、彫塑、工芸の作家さんの作品も展示されていますので 見応えがあります、多くの方にお越しいただきたいと思います。



2018年10月14日(日) 晴れ


「第27回野外アートトフェスティバルinにしのみや」 が開催されています。 子供たちの詩に因んだ絵が描かれていたり、バンドの演奏、象形文字を書いて遊んだり、 楽しさいっぱいのアートイベントです。

私の担当は、丸太切りのお手伝いです。ヒノキの丸太を1.5pほど切ってみようという企画です。
子供たちもたくさん並んで切ってくれました。きった木は、花瓶を置くなど利用が出来ます。



2018年10月13日(土) 晴れ


日本画の友人二人とJR元町駅の目の前にあるイタリアン カジュアルダイニングPiPiさんで、久々のワイン会です。
自家製全粒粉パンも、田舎パテも、仔羊のステーキも、ソースがものすごく美味しいサラダも、どれもワインに合う合う!
おしゃべりしながら思わずたくさお料理もんワインをいただいてしまいます。

今回は、なんと私達三人の日本画も飾らせていただきました。
つたない絵で、お恥ずかしいですが、飾らせていただいたことに感謝いたします。
また、何度も足を運ぶことになりそうです。
イタリアン カジュアルダイニングPiPi

JR元町駅 南側 徒歩30秒ほど


2018年10月3日(水) 晴れ


西宮日本画協会 秋の新作展が開催されます。 阪急西宮北口の駅からすぐのアクタでの展覧会です。
横幅1メートル前後の作品が35点ほど並びます。

会員の皆様の、挑戦する気持ちが作品に出ていて、とても楽しく毎回勉強させてもらっています。
会員同士の情報交換や、作品の質問など、今回は交流がたくさんもてたので、良かったと思います。



2018年9月13日(水) 晴れ


JR伊丹駅前の、アートホール蔵様で伊丹美術協会 日本画部門の 小品展を開催中です。

大きさは0号〜4号までを30点展示しています。
どれも欲しくなるような、可愛い作品ばかりです。
お客様が次々とお見えになり、忙しく、嬉しい限りです。
ちょっと涼しくなり、芸術の秋のスタートにふさわしい展覧会です。


2018年9月2日(日) 晴れ


西宮日本画協会主催の人物デッサン会に出席しました。
今回は、民族衣装アオザイをお召しになった美しいモデルさんです。
綺麗な衣装なのに、ほとんどわからないデッサンを描いてます。
ザンネーン!
勉強不足ですね。20分を2回。



2018年8月11日(土) 晴れ


今年のお盆休みの帰省は、ザジくんと一緒です。
この写真は、サービスエリアで、冒険心全開の瞬間です。
生後四カ月になったザジくんにとっては、見るもの全てが初めての世界でしょう。
いつもなら、噛んだりするのに、それどころではなかったようです。

無事、元気に宝塚から、山口県宇部市に移動を終えました。
また少し大人に近づきました。


2018年8月6日(月) 晴れ


猛暑の日々ですが、妹と着物で京都に行きました。
目的地は京都駅の中の劇場でしたので、これは着物で行かなくちゃって場所です。
大好きな人たちの舞台でした。
駅の中でお茶を飲み、そのまま電車に乗ったので、猛暑の京都は歩かず・・・ある意味、根性なしですね(笑)
危険な暑さなので、このくらいでヨシとしましょう。

    

2018年7月8日(日) 晴れ


毎日、尋常ではない雨が続きましたが、今日は久々の晴天です。
すみれが丘にある、よりあい広場のラ・ビスタギャラリーで藤本幸男さんの水彩画の個展が開催されています。

チラシを作り、DMを印刷し、作品を飾り、いろんな企画も考えて・・・
ご近所さん、みんなの知恵と体力を結集して、素敵で愛のある展示が完成しました。
個展を開催するという目的で、みんなで仕事を分け合って、学生時代の文化祭を思い出しました。
楽しい一週間でした。



   

2018年6月10日(日) 晴れ


第二回 新日春展 堺会場の最終日です。
所せましと160点あまりの、作品が並んだ会場は、多くの観覧者に来ていただきました。
連日ギャラリートークも行われましたので、毎日にぎやかでした。

日展の多くの作家の作品を近くでじっくり観ることができるので、出品者で良かったと思います。
普段は、お会いできない作家と話が出来たり、作品をみていただいたり・・・
絵を描く人ばかりが集まるという特別な空間は、お互いに「絵を描くことが好き」な、年齢も経験も関係なく すぐに打ち解けられる穏やかな時でした。
良い経験になったと思います。
堺会場の開催に尽力された方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。


2018年6月9日(土) 晴れ


我が家に仔猫がやってきました。
20年一緒に暮らしていたベルが亡くなって3年経ちます。
そんなになるかな? 去年くらいな感じがずっとあります。
今回、友人が仔猫の里親をさがしていることを知ったので、またネコと一緒に暮らす気持ちになりました。

名前は「ザジ」と付けました。男の子です。
「地下鉄のザジ」という映画からいただきました。
映画では、ザジは冒険好きな女の子ですが・・・

少しくらいなら、いたずらしても大丈夫。
いっぱい食べて、元気で長く一緒にいようね、ザジくん。


2018年5月29日(日) 曇り


島根県益田市美都町にある「かみの宿 大久保廣兼石州和紙資料館」に、妹と行きました。
以前から訪ねる計画をしていましたが、なかなか実現できず、ようやく・・・という感じです。
私達とは、僅かですが、つながりがあり、ご先祖様のことも知ることが出来たので、非常に価値のある旅になりました。

翌日は、山口県岩国市本郷町にある「義の心」の石碑を訪れました。
昨日の美都町もそうでしたが、ここ本郷町も山間の細い道を何時間も走ってようやくたどり着きました。
この石碑は、その昔、年貢の高さに苦しむ農民の為に立ち上がった庄屋さん達の名前を刻んでいます。
山代地方の一揆(1609年)から400年後の2009年に、建立されました。
農民の為に立ち上がったことを後世に伝える為だそうです。

帰りには、岩国の錦帯橋や鵜飼いの鵜達を見学し、梅雨のひと時の晴れ間を満喫出来ました。

大久保廣兼 大久保廣兼    義の心

2018年5月20日(水) 晴れ


六甲高山植物園でスケッチです。
高山なので、3〜4度ひんやりしていて、気温は17℃。
ヒマラヤの青いケシが花盛りでした。
私は、ユキモチソウ、ヒオウギアヤメ、クリンソウ、チゴユリ、そして、やはり青いケシを描きました。

日本画仲間4人で午前中と午後、歩き回って色んな花を楽しみながら、たくさんスケッチが出来ました。
青いケシは、ひらひらと美しい水色の花びらが風に揺れて綺麗でした。
色紙に描いてみようかな・・・と思います。

青いケシ

2018年5月10日(木) 晴れ


京都伊勢丹で行われいる
Steve Jansen 写真展に行きました。

今や、知る人ぞ知る。という存在になりましたが
一緒にコンサートに行っていた友人と私の妹と三人で、写真観に行きました。
35年前に、何度もコンサートに行ったイギリスのロックグループ、JAPAN。

あれだけ夢中になっていたのに、色々と忘れているんですね。
三人の記憶がかみ合わなくて・・・それも楽しかったです。

Steve Jansen

2018年4月22日(日) 晴れ


新日春展を観に、東京に行きました。
日展日本画部門春季展です。

会場は、東京都美術館。上野駅で下車、上野動物園を横目で見ながら歩いていると美術館が見えてきます。

初夏を思わせる日差しの中、公園内は人がごった返しています。
駅前の喧噪とは別世界の静寂の展示室は、全ての作品が整然と並んでいますので、時間を忘れ、 立ちっ放しも忘れ、空腹も忘れ、ひたすら一つ一つの作品に向き合います。

シンポジウムにも参加して、作家さんの話が聞けたことは、とても勉強になりました。夕方から始まった懇親会にも出席しました。
夕陽が少しだけ不忍池を輝かせて、都会の真ん中でありながら優しい風景の上野公園でした。


   

2018年3月31日(土) 晴れ


夙川のギャラリーSHIMA様で行なわれているさくら展を見に行きました。
毎年、桜が咲く時期に開催されていて、夙川の川沿いの桜の見ながらギャラリーまでの道は、お花見気分です。
今年はいつもの年より、早く一気に満開になったので、夙川駅はお花見の方で、ごった返していました。
お花見の季節には、温かすぎるほどの気温で、既にちらほら花びらが散っています。
今年も、SHIMA様には、お世話になりました。

   

2018年3月21日(土) 晴れ


宇部市に行きました。
先日までは、寒い日々で、本当に春が来るのかしら?とおもいきや・・・
突然の暖かさで、一気に梅の花は満開になり、フキノトウもグングン大きくなりました。
来週は桜も咲くようです。スケッチの忙しい春がやってきます。


2018年3月5日(日) 晴れ


西宮日本画協会展の最終日。「色紙にお雛様を描いてみよう!」というワークショップが行われています。

好きなお雛様の絵を選んで、色を付けていきます。
やはりお顔が難しいのでは?と心配しましたが、慎重に描かれていて、皆さんお上手です。
私も出来るなら参加させて欲しかったのですが、満席状態で嬉しい悲鳴です。
自分で描いたお雛様は、少しくらい美人じゃなくても、可愛いものです。
毎年会いたくなります。
協会展も盛況に終わり、春らしい日差しの一日でした。
   

2018年2月13日(火) 晴れ


宝塚を出るときは冬の気温でしたが、明石大橋を渡り、淡路島に到着すると南国のような日差しでした。
今年も、淡路夢舞台ラン展に行きました。

温室の中は暖かいうえに、ランの花ばかりに囲まれて、スケッチしやすい環境です。 この時期は、寒いので、外でのスケッチは、なかなか厳しいものがあるので、文字通りまさに楽園です。

温室の中は、どれも描き頃のランが、良い香りを漂わせています。 その香り漂う喫茶コーナーで、休憩に淡路の牛乳で作ったアイスクリームを食べました。 あっさりして、とてもおいしかったです。
今回は3種類のランを描きました。

   

2018年2月12日(月) 曇り時々雪


雪が降りしきる寒い日です。
兵庫県日本画家連盟の会員色紙展の展示が行われました。
今回のテーマは「緑青」です。日本画ならではの色の一つです。
テーマがあるということは、それに沿った内容のモチーフを考えるので、自分自身の新たな発見にもつながります。

50点もの作品が並びました。
それぞれの緑青を使った作品は、どれも楽しいものです。

兵庫県日本画家連盟    兵庫県日本画家連盟

2018年1月27日(土) 曇り


「二分の一成人式」に参列しました。
宇部市にある吉部小学校の10歳の子供たちのお祝いの式でした。
小学校4年生なんですが、自分の10歳の時は、こんなにしっかりしていただろうか?と思いました。
素直な子供達の夢は、とても優しく、このままの気持ちで生きていって欲しいと願わずにはいられません。

式の後、「吉部っ子夢会議」にも参加しました。
この日は、運動場に雪が残り、とても厳しい寒さでしたが、ほっこり心の温まる良い日でした。
   

2018年1月6日(土) 曇り


今年最初のスケッチは南天にしました。
「難を転じる」に通じるので、演技の良い木とされていますね。
冬らしく赤い実が鮮やかで綺麗です。 昨年は、足を怪我してしまいましたが、幸い絵を描くことは出来ています。
ナンテンにあやかって、今年は良い年にしたいと思います。


2017年12月23日(土) 晴れ


今年最後の作品展です。
兵庫県の日本画家連盟、美術家同盟、書作家協会、工芸美術作家協会、彫刻家連盟、写真作家協会の交流展が行われています。
それぞれのジャンルの新進、選抜作家の方の作品がどれも楽しいです。
普段は、じっくり見ることのない立体作品は、どこからでも眺められるので、何度もくるくる回ってしまいます。
来年は、さらに納得のいく作品が描けますよう、日々学んでいきたいと思います。

美術作家交流展    美術作家交流展

2017年12月7日(火) 晴れ


人物デッサンに行きました。
黒い衣装を身にまとったモデルさんのスタイリッシュな感じを出したいと思いましたが・・・
出来上がってみると、いつもどこかが違う感じがします。
たくさん描く必要があるようです。



2017年11月21日(火) 晴れ


京都国立博物館で開催されている国宝展に行きました。
展示全てが国宝というものすごい展覧会です。

案の定、入館前から、すごいことになっていて、入場するのに70分待ちでした。 館内も人人人・・・
「火焔型土器」のモダンなデザインにびっくり! 「伝源頼朝像」の衣装の黒の美しさ! お顔の線は、無駄はなくすっきりしているのに威厳を醸し出していて、ため息が出ました。
金銀がまばゆいほどの、工芸品の数々、これが我が国のお宝なんだと、うれしくなりました。
四条大橋からの風景は、紅葉の盛りは過ぎていましたが、秋晴れの暖かい一日でした。

   

2017年10月31日(火) 晴れ


西宮日本画協会の秋の小品展に行きました。
台風一過の晴れた日です。
会員のサムホールサイズの作品が並びます。
30点余りの作品のどれをとっても全く違った作品で不思議です。
小さく絵をまとめるのは、難しくもありますが楽しい作業です。
今回も、ネコを描きました。楽しかったです。

   

2017年9月18日(月) 晴れ


三泊四日で台湾へ行きました。
主人と二人で、ツアーに参加したのです。
これまでは意識していなかった台湾と日本の歴史をもっと知りたいと思いました。

色とりどりの風景は、南国ならではの鮮やかさで、明るい感じが気に入りました。
田んぼの風景は日本と似ていますが、あぜ道には、ヤシの木やバナナの木があり、力強さを感じる田園風景でした。
寺院のどこへ行っても蘭の花が豪華に生けてあり、建物は色鮮やかです。
光りがあふれ、人々のパワーを感じる、良い国でした。


   

2017年8月20日(月) 晴れ


所属している山林会の定例登山です。
私が参加させてもらうのは、会の皆様から見たらいつも低い山ですが、 私にとっては、結構ハードルの高い山です。

今回は、お隣の三田市にある羽束山です。
標高524m。いい高さですねぇ・・・
ラクダのコブのようにお隣にある宰相ガ岳にも足を延ばしました。
気温が高かったので、スポーツドリンク、水、コーヒーを持参しました。 中でも、いただいたシソジュースがとても美味しかったです。

   

2017年8月16日(金) 晴れ


今年の夏は、暑さが厳しいので、道具を出して本画を描く気力がありません。
という言い訳をしながら、スケッチをしました。
ひまわりも、ホオズキも、お花屋さんで買ってきたものです。
売り物なので、葉がとられていて、ほとんど花だけのスケッチです。
ホオズキに至っては最近実際に咲いているところを見ることがありません。
どんな葉っぱなのでしょうか・・・

   

2017年7月26日(金) 晴れ


もはや、毎年の恒例行事になりつつある六甲高山植物園でのヤマユリのスケッチ。
今年も、2週連続で通い、桔梗、コオニユリ、ニッコウキスゲ等を描きました。
植物園の気温は25度くらいでしょうか?
ヤマユリの咲く木陰は、じっとしていると寒くて羽織るものが必要なくらいです。

次々と花が咲くので、時間を作って、毎週でも通いたいくらいですが、そうもいきませんね。
また、来年百合の咲く時期に行きたいと思います。

   

2017年7月21日(金) 晴れ


伊吹山山頂まで、ひとり旅です。
電車と山頂までのバスを乗り継ぎ、風景をスケッチしたくて行きました。
が・・・山頂は濃霧と霧雨と風で、スケッチどころではありません。
気温20度!下界の灼熱の真夏とは、別世界どころか、寒すぎです。

うなだれて、うどん屋さんの片隅でおにぎりを食べていると、なんと晴れてきました。
まるでビデオの早送りのように霧が晴れ、琵琶湖まで眺めることができ、眼下に雲の湧き立つ大パノラマな風景でした。
ミヤマゴアザミ、オオバギボウシ、キンバイソウがお花畑を彩ります。
   

2017年7月14日(金) 曇り時々晴れ


祇園祭の宵々々山に、行きました。 妹と二人で、着物を着て楽しみました。
蟷螂山では、カマキリさんがおみくじを引いてくれます。
カマキリさんからいただいた、有難いおみくじは良いものでした。大切に家に飾っています。
菊水鉾では、お抹茶とお菓子を戴き、そのお皿は記念にくださいました。
鉾の上にも登らせてもらいました。家の二階から鉾に移る手作りの桟橋?も風情があります。

飾ってあるものすべてが歴史を感じるものばかりで、やはり京都の町そのものが文化を代々守り続けて来たのだと、感じます。
私の着物は、夏用の紗の着物です。
半えりは、友人の手書きのものですが、写真ではわからないですね。


2017年7月9日(日) 晴れ


フェイアートミュージアムヨコハマで2017年うちわ展が行われています。 会場で行われたレセプションパーティーに参加しました。

うちわ展の出品された方々は、関東の方が多かったのですが、遠方の方もいらっしゃり、普段はお会いすることのない方と 技法などのお話が出来るのは楽しかったです。
同じ日本画でも、関東の方は雰囲気が違うと感じました。
せっかくの横浜ですから、海の見える丘公園など、洋館も散策しました。
暑かったー!

    フェイアートミュージアムヨコハマ

2017年6月16日(金) 晴れ


伊丹美術協会展が行われています。 日本画、洋画、イラスト、彫刻、工芸、書道、写真、
伝統的なものから、前衛的なものまで、楽しめます。
日本画以外のジャンルの方との交流は勉強になりますね。
美術館のお庭も綺麗で、伊丹市の中心にこんな落ち着く場所があることは、驚きです。
一階にある柿衛文庫も同時に見学させてもらいました。


   

2017年6月2日(金) 晴れ


ご近所の山登りの会「山林会」の定例登山です。
宝塚市にある大岩岳山頂と丸山湿原に行きました。
急な岩をよじ登り、山のてっんに立つというのは、なんとも爽快な気分ですね。
下りながらせせらぎを渡り、岩場を降りるのは、なかなかの大冒険でした。
最後に川下川ダムも見て、ぐったりでしたが、気持ちの良い一日でした。

    

2017年5月31日(水) 晴れ


京都高島屋で開催されている春の院展。
橋本関雪記念館の東西日本画10人展等の展覧会を回りました。
京都で日本画の勉強をした一日でした。
絵を鑑賞するというのは、疲れるものですね。
観ているだけですが、きっと脳は刺激されっぱなしなのでしょう。
橋本関雪記念館のお庭は、たくさんの茶花があり、次はゆっくり訪れたいものです。

    

2017年5月29日(月) 晴れ


妹と、京都迎賓館と西本願寺の花灯明に行きました。
京都迎賓館は、15時頃の入場だった為か、拝観者が少なく貸し切り状態でした。
ものすごく緻密な技が、あちらこちらにさりげなく配されていて、日本の伝統技術の素晴らしさを改めて感じました。

夜は、19時から西本願寺の夜の参拝・特別拝観の為、並んで整理券をもらいました。
桃山時代の唐門の彫刻は、見るほどにかわいい動物の発見があり、面白かったです。 建物内部は、203畳敷の大広間、廊下、天井から襖から欄間まで華やかに絵が描かれていて、ため息しか出ません。
日本人は、昔から植物や動物と共に生活していたのだなあ、と思いました。
ライトアップされて怪しく光る金箔は、荘厳さを高めて、言葉も出ません。
今と昔の美しさを楽しめた一日でした。
   

2017年5月19日(金) 晴れ


西宮市にある北山緑化植物園にスケッチに行きました。 園内は、所狭しと様々な植物が花を咲かせていていました。
迷った末に、バラと石楠花を描きました。

もっと描きたかったのですが、暑さに負けました。
結構山の上なのに、まだ五月なのに・・・
爽やかな風の五月はどこへ行ったのやら。
花たちも、あっという間に咲ききってしまいます。
時間との勝負のスケッチでした。

   

2017年5月6日(火) 晴れ


山口県宇部市に来ています。
ゴールデンウィークのいつもの帰省です。

今年も、田んぼに水が張られていて
季節は巡っていくのだなあ、と思います。
素朴で、変わらない風景は、心が落ち着きますが、実はこの風景を維持するには人々の毎日の努力があるからこそ、です。

働いている方に聞くと、たいへんな重労働で
お天気に左右される心痛の多いお仕事です。
今年も無事、実りの秋を迎えられますように。
   

2017年5月2日(火) 晴れ


おかげ様で、「猫だらけ日本画展」は 
無事終了いたしました。

お忙しい中、多くの方にお越しいただき ましてありがとうございました。

自分の作品を並べて観ていただく・・・
それはとても貴重な体験でした。
まだまだ、未熟なところがあります。これを一区切りとして、これから新たな気持ちで
制作に取り組みたいと思います。

   

2017年4月26日(水) 雨


今日から「猫だらけ日本画展」が始まります。
色紙サイズから120号Fサイズまで
29作品、猫たちは、総勢30匹のにぎやかな展示です。

4/26(水)〜5/1(月)
  ギャラリー六軒茶屋様です。
10:00〜17:00(最終日は15:00迄)
どうぞお時間がございましたら、ご高覧くださいませ。
阪急清荒神駅から参道に向かい徒歩2分で到着します。
詳しくは、「News」のコーナーをご覧ください。

   文路    文路    文路

2017年4月11日(火) 雨


愛読している「猫びより」に
「猫だらけ日本画展」の情報を掲載していただけました。
定期購読していますので、発売日の前日に届きました。
載せていただいて、とても嬉しく思います。
個展に来てくださった方に喜んでもらえるよう
頑張りたいと思います。

ちょっとお洒落な 大人のねこマガジン
「猫びより」は、偶数月12日発売 977円。

    

2017年3月24日(火) 晴れ


友人にご招待していただき、いけばな未生流展に
妹と行ってきました。

画像のように着物でお出かけしました。 正直、いけばながこんなに面白いとは、発見でした。

花の佇まいはもちろん、吊るされたり、乗せられたり斬新で、まるで現代美術の展示を観ているような面白さでした。
しかも、その花が生きている為、だんだん咲いてくるという一期一会の要素もあるのです。
未生流展の看板との画像は、妹です。私は帯がちょっと・・・ですので、妹で掲載することにしました。

   

2017年3月19日(月) 晴れ


西宮日本画協会展の3階会場では 
ワークショップが行われています。

顔彩という日本画用の絵の具を使って
和紙に描かれている花や野菜の塗り絵です。
墨である程度、影がつけてありますので、
少し塗っただけで、プロのような仕上がりです。
それぞれの色鮮やかな作品が出来ました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

西宮日本画協会展    西宮日本画協会展

2017年3月13日(月) 曇り


西宮日本画協会展の飾りつけを行いました。
会場が広々としていて、気持ちが良いです。

私は120号で横幅は額を入れると2メートルですが
普通サイズに見えてしまいます。
家の中では、全体に眺めることが難しいですが
会場では、遠目に見ることが出来、新鮮です。
30点ほどの作品が並びましたので、圧巻です。

西宮日本画協会展    西宮日本画協会展

2017年2月28日(火) 晴れ


人物デッサンの講座に参加しました。
20分を4回です。

時間は、あっという間に過ぎてしまい
最初のあの時に何とかすればよかった。
と、何かと後悔することが多いのですが、
たくさん描くことが訓練と言われましたので、
出来る限り実践していきたいと思います。


   

2017年2月11日(日) 晴れ時々雪


晴れていると思えば、急に雪の舞う寒い日です。
ラ・ビスタにある「きずなの家」にオープンしたギャラリースペースでの個展です。

100号と80号は吊り下げることができず、壁に立てかけました。
実家の両親に送っていた絵手紙も少し展示しました。
日本画は、花の絵を揃えてみました。
100号あり絵手紙ありのバラエティに富んだ気楽なスペースです。 100号の作品は、家から担いで来られるほど近いので助かります。
ご近所さんが見に来てくださいました。


   ラ・ビスタ    ラ・ビスタ    ラ・ビスタ

2017年2月8日(水) 晴れ


兵庫県立淡路夢舞台温室で開催中の
「驚異のラン展」に、日本画仲間と行きました。
目的はもちろん、ランのスケッチです。
この時期、お天気や寒さを気にせず、温室でのびのびスケッチができるなんて、まさに夢のような環境です。

午前中2時間、午後2時間半の集中?
展示は、天井から壁から足元もランが花盛りです。
根っこの面白いカトレアをスケッチしました。
ランのやさしい香りがあたりいっぱいに漂います。
また行きたいと思います。

    

2017年1月21日(土) 雪のち晴れ


宝塚を出発した時は、雪がチラチラしていましたが、舞鶴市は晴れています。
実家のある舞鶴で用事があった為、朝から出かけました。
さすがに風は冷たいのですが、珍しく青空です。

いつもの鈍色の舞鶴湾をながめて、ほっこり。
この日は、青空の為、海の色は青く輝き日本海ではないように見えます。
帰りにカキ小屋に牡蠣を買いに行きました。

途中の漁港には、静かに小舟が停泊しています。
湾内はいつも穏やかな海です。



舞鶴湾    舞鶴湾

2017年1月5日(木) 晴れ


近所の山登りの仲間と一緒に、中山寺の奥の院に参拝に行きました。
お参りすると参拝回数表にスタンプを押せて
その回数によって、認定証をいただけます。

一番少ない認定は300回ですが、私は今、118回。
5年も6年もかかって、118回ですから、300回まであと何年・・・
2000回を超える方も多数いらっしゃいますから、すごいですね。 回数はともかく、森林浴をしながら美味しいお水も汲めて、体力作りにもなり、歩きながら考えがまとまることも・・・
行きかう方々と挨拶を交わすと、お互いの元気を確認できて、有難く思います。

今年は個展を開催します。
良い一年になりますように。

中山寺奥の院

2016年12月23日(水) 曇り


第12回宝塚ハーフマラソンが行われました。
私は10キロコースのクオーターマラソンに出場しました。
出場して7回目になりますので、いちおうベテランかな?
回数はベテランでも、毎回ヘロヘロでゴールです。

出場するのは、タイムを競っているわけではなく、完走が目標です。 負け惜しみに聞こえますが、タイムがどうとか・・・言えるほどの走りではないのです。
今回も、なんとか、完走!これで大満足です。
来年一年も元気に走り抜けたいですね(*^-^*)

宝塚ハーフマラソン

2016年11月30日(水) 晴れ


山口県は、宇部市の蓮光寺に来ています。
義母がお世話になっている方が馬場良治展のチラシをくださいました。
国宝、重文の壁画、天井画、襖絵などの復元の第一人者の馬場良治氏が
地元、蓮光寺の襖絵、天井画を手掛けられているそうです。

それはそれは、迫力の大きさの作品が繊細な筆致で描かれていて 「すごい」という言葉しか出ない、自分の語彙力のなさに呆れました。



蓮光寺    蓮光寺

2016年11月19日(土) 小雨、曇りのち晴れ


もう付き合いだして、20年くらいになるかしら・・・
今日は、久々の女子会です。
草津、伊丹、名古屋から6人が集まりました。
食事のあとは、京都国立博物館の近くにある智積院に行きました。
紅葉真っ盛りで、どこの写真を撮ろうか迷うくらいです。 長谷川等伯の絵のレプリカは金箔が輝いて、ワクワクします。

方広寺近くの和菓子の手作り体験も楽しかったです。
抹茶と、自分で作った和菓子は、格別ですね。
あっという間の日帰り京都旅でした。



       

2016年11月16日(水) 晴れ


妹と着物で京都市美術館で開催されている
伊藤若冲展に行きました。
私が着ているのは、母の着物と帯です。
母のものを違和感なく着ることができる
日本人の知恵はすばらしいと思います。

残念なのは、袖が少し短いことですが
着物はそのあたりも、わかりづらいので
なんとか、合格にしたいと思います。

    

2016年11月1日(月) 晴れ


京都市美術館で行われている創画展を鑑賞に行きました。

地下鉄「東山」駅を降り、風が心地よい秋晴れの中
白川添いのS字の細い道を美術館に向かって歩くと
よく見かける さぎさんが今日も佇んでいます。

美術館に着くと、いよいよ工事が始まっていて、川沿いの桜の木の広場は 工事用の壁で全く見えません。

創画展は、素晴らしい作品ばかりで、いくら時間があっても足りないほどでした。



   

2016年10月25日(火) 曇り時々雨


F先生のお宅で、人物デッサンの会があり、参加しました。
初めて買ったデッサン用の鉛筆セットを使ってみました。

どうなんだろう・・・まだ手探り状態です。それでも今まで使っていたシャープペンシルよりは 色が塗りやすい気がします。
驚くべきは、モデルさんの体力です。
ポーズをとって、20分間動かないのは、すごいです。

美しい佇まいなので、描きたい気分は高まりますが、なんせ腕がついていかない。
足元は時間が足りず、ちょっと残念でした。



2016年10月17日(月) 晴れ


「西宮日本画協会 秋の新作展」の飾りつけが終わりました。
今回は、特に後悔することばかりの私の作品です。

毎度、あーすればよかった。こうするべきだった・・・など なんとか、覆水盆に返らそうと、あれこれ触ってみますが、まるで底なしの沼に足を踏み入れた気分になります。
ここだけ見るとなんだか、いい感じ?
全体に見ると、いい感じでは・・・なくなるという、不思議な作品です。

協会展は会員の皆様の作品を見ながら、作家ご本人のお話しも聞けるという、仲間ならではの特権があります。
これから一週間、たくさんの方に見に来ていただきたいと思います。


西宮日本画協会    

2016年9月27日(火) 晴れ


日本画の仲間と「黒川のダリア園」と「能勢長谷の棚田」にスケッチに行きました。
秋風はどこふくかぜ・・・気温は30度。
それでも、素晴らしく美しく咲き誇るダリアに囲まれ、目移りばかりして、人が描いているダリアが よく見えて・・・落ち着きません。

お昼は、「能勢くりの郷道の駅」で「栗カレー」を注文。
栗ご飯にちょっと甘めのカレーがかかっています。
栗ご飯だけでもごちそうなのに、さらにそれにカレー。なんて、贅沢。

午後は、棚田100選にも選ばれている能勢の棚田に行くも、どこから見ればよいのかわからず・・・
やみくもに車を走らせ、たどり着いたところが、この風景です。
棚田は、稲が刈り取られたあとで、すでに「ひつじ田」になっています。
一見すると、青々としていますが、ここは山間なので、稲刈りは平地よりも早いようです。
大阪府にこのような風景があることが驚きです。


   

2016年9月10日(土) 晴れ


来週から雨続きらしい...貴重な晴れの日です。
ベランダの鉢に咲いた秋明菊を描きました。

これは、実家の庭に咲いていたものを、
芽が出た直後の三月だったか?
掘り起こして、少し持ってきました。

かわいい花なので、目につくと描いているかも。

残念なのはスケッチばかりで、作品がないこと。
結構背の高い花なので、絵にしづらい気がします。



2016年8月29日(月) 雨


台風10号の影響で朝から雨です。
なので、家でスケッチをしました。

これはコリンスキーというかぼちゃです。
ナマでも食べれるという説明で買ったもの。
ナスは米茄子という種類で結構大きい。

絵と一緒に、使った顔彩と色鉛筆も載せました。
外で描く場合は、携帯用の水彩道具と色鉛筆ですが
家では、重いのであまり持ち歩かない顔彩を使っています。
色合いは、顔彩の方が日本の風景や花などに合うと思っています。



2016年8月16日(火) 晴れ


神戸市立博物館で開催中の
「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳
わたしたちの国貞」展に行きました。

国芳は、猫大好き人間で、8匹の猫と暮らし、
ふところにネコを入れて、ネコの絵を描く。
150年ほど早く生まれていれば、絶対に友達になりたかった。

写真は、会場で用意されていた猫耳で
国芳の猫さながら、踊ったんだにゃん。
決して、自分で持参の猫耳ではありません。
どうか、お含みおきください。



2016年8月5日(金) 晴れ


ギャラリーGMIで行われている
「有難うて ありがとう展」に行きました。
日本画仲間の國分照代さんの個展です。

タイトルのとおり、感謝の気持ちが作品にあふれ、
お勉強中の模写やデッサンも多くあり、
見応えのある個展でした。

一生懸命描くということは、
伝わるものなんですね。
それぞれ、丁寧に描かれていることが感じられ
暖かな作品に囲まれて充実した時間でした。



   

2016年7月20日(水) 晴れ


六甲高山植物園にスケッチに行きました。
お目当ては、ヤマユリです。
ちょうどきれいに咲いていて、喜びもひとしおです。

高山植物園はさすがに涼しく
まるで高原の森の中を彷徨っているようです。
花々に囲まれて、天然のクーラーが効いて
毎日ここで、のんびり寝転びたいくらいです。

そんなわけにもいかないので、スケッチをしました。
ヤマユリは華やかで力強く、日本画にしたい花のひとつです。
また会いたいと思います。


2016年7月12日(火) 曇り時々小雨


祇園祭りが始まりました。
何を隠そう、初めての祇園祭り体験です。
鉾の組み立て後に行われる「試し曳き」に参加しました。

試し曳きの時刻は発表されていて
引きたい鉾の周りにいると、曳かせてもらえます。
鉾の写真は、菊水鉾ですが、実際に曳いたのは鶏鉾でした。
下の写真のように、なんとか綱に触れました。
さすがに試し曳きのときは、人がごった返していました。

試し引きの前は、もちろん組み立てがあります。
身長ほどの車輪を入れる時の掛け声、
木組みが入り、木槌が打たれる音、
綱がまかれる手際よさ、
それぞれの鉾の名前の入ったハッピを纏った方は
全員、歴史を背負ったスペシャリストです。

そして
自分が曳いて鉾がじんわり動く。
それは、なんとも嬉しいものです。


   

2016年6月14日(火) 曇り


梅の実が実る季節になりました。 が、今年は「申年の梅」というらしく、不作です。
不思議です。

どうやって梅は申年を判断しているのでしょうか?
いつもなら、たわわに実る梅が数えるほどしかなく、驚きました。
ご近所さんも同じように不作です。
いったい何故・・・

それでもなんとか、梅をかき集め、梅酒を漬けました。
貴重な梅なので、スケッチもしておきました。




2016年6月7日(月) 雨


あいにくの雨の中の搬入でしたが、飾りつけが終わりました。
午前中に飾りつけ、昼から、
「第10回 デッサンの集い展」が始まります。

人物をデッサンする意味がよくわからないまま始めた人物です。
花のスケッチは描けるのに
人物は描けないにもほどがある・・・
こんなに描けないのか?とあきれるほど下手な人物が次々と出来上がりました。

それでも最近は、花のスケッチが早くなった気がします。
人物って、なんて難しいんでしょう。


2016年6月1日(水) 晴れ


今日から開催の院展に行ってまいりました。
いつも絵を鑑賞する際は、自分もこのような感じで描きたいので参考にしたい。
そんな想いがよぎりますが(出来るかどうかは別にして)、院展の作品は「いったいこの画面はどうやって?」
モヤモヤした気持ちを抱えながら、立ち尽くすことを繰り返しています。
が、今回のギャラリートークで、そのモヤモヤを吹き飛ばす、笑いとレアな情報満載の1時間を過ごしました。
手塚先生、清水先生、宮北先生、村岡先生の絶妙のやりとりは、必見でした。
帰りに、堂本印象美術館に行き、よくお勉強した一日でした。


2016年5月29日(日)晴れ


伊丹美術協会展のお当番で会場に行きました。
日本画だけでなく、書道や写真など他のジャンルの方とお話しができることが楽しく有意義です。
お互いに次々と新しいことにチャレンジしていくことの、あるあるバナシで盛り上がります。
年上の方が多いですが、私よりバイタリティーがあり、皆さんに、はっぱをかけられます。
年齢は関係ないと思い知らされます。

友達に撮ってもらった瞬間、ブラウスの袖が気になっています。


2016年4月20日(水) 晴れ


尼崎の農業公園に牡丹をスケッチに行きました。
色とりどりの牡丹があり、目移りしてしまいます。
藤の花も八重桜も満開でした。
藤棚は高すぎて、スケッチするには脚立がいりますね。
牡丹の他に、八重桜を描きました。



2016年3月28日(月) 晴れ


西宮市役所で、ロビー展が開催されています。
有難く、うれしく思います。
市役所の通路が猫の絵だらけになっています。
自分の作品が並んでいるのは、不思議な感じです。


 

2016年3月25日(金)曇り


京都市美術館で開催されているモネ展とルノワール展に行きました。
なんと、着物です。
妹と二人で、京都に着物で、お出かけです。
この時期は、着物が着やすいのでいいですね。 少し肌寒く、桜の開花前でしたので、美術館も空いていました。 たまには着ないと忘れてしまいます。



2015年12月6日(日) 晴れ 


ギャラリーわびすけ様で開催中の-neco.ten-会場で
プチコンサートが行われました。
少し早いクリスマスムードで盛り上げてくださいました。
間近で奏でられるチューバの音色やパフォーマンスは圧巻でした。 ありがとうございます!



2015年12月5日(土) 晴れ


ギャラリーわびすけ様で開催中の-neco.ten-会場で
色紙に描いてみようワークショップが行われています。
ワイワイ楽しく描いているうちに、猫の作品が出来上がりました。

妹夫妻も来てくれました。


   
Copyright © 2015 柏村文路 日本画 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座